« March 2005 | Main | May 2005 »

April 30, 2005

秩父・芝桜の丘

先週、旦那とぽぽりと三人で秩父の羊山公園に出かけた。その時の事を書きたい。
芝桜を今まで一度も見たことがなく、大変感動した。もう、公園一面がピンク、白、赤、と色とりどりなのだ。
DSCF0022
すごく綺麗でしょう?よく見ると、同じピンクでも微妙に違っている。

DSCF0011
 駐車場脇にあったちっこい芝桜の中にぽぽりを入れてみた。ぽぽりも嬉しそうだ。

DSCF0027
DSCF0029
桜をアップで撮ってみました。
DSCF0047
これは普通の桜です。芝桜以外にも色んな種類の木々、花があります。この日、沢山の人たちであふれていました。DSCF0035
 絵を描いてるおじさんに遭遇。とても上手で、絵と実際の芝桜が幻想的でした。みんな携帯で画像とりまくり!来ているおじさんもおばさんもカップルも・・・みんな景色に圧巻されてる様子でした。
 ここは本当に広くて、露店なども沢山あってお勧めですな。遠いけど、また行きたい・・・。
DSCF0038
 このぽぽりは美容室に行く前だからヨレヨレだ。小さい男の子に「かわい~!」と構われて嬉しそうだった。
DSCF0043

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大惨事のあとで。。

 信じられない・・・兵庫県尼崎市のJR脱線事故の衝撃からわずか5日目の29日、大阪、兵庫、京都で計7件の置き石があったらしい・・・。どういう神経したやつの犯行なのか?世の中だいぶねじれてきたね。ずいぶん前からだけど。鉄道といえば、うちの母方のじいちゃんは、元国鉄の駅員でした。定年までずっと、転勤転勤、じいちゃんばあちゃんは色んな場所に住んだ。子供心に、(色んな自然のいっぱいあるところに住めて良いな~)と思っていたが、それは単に北海道は都市部以外は田舎なだけ・・。よく、犬を連れて、じいちゃんと線路上を散歩した思い出がある。
子供というのは時として残酷だ。考えも浅く、思いつきで行動し、大人をビビらせる。私もしかり。最悪の悪ガキでしたから。笑。
いつだったか、じいちゃんとの散策中、悪戯で線路に石を置いたら、ものすごい剣幕で怒られた・・・。すっごく怖かった。普段めったに怒らないからなおさらだった。帰ってからもこんこんと説教された。それでも、じいちゃんがかっこよく見えたし、大好きでした。昔は悪いことしたら、全然知らんおっちゃんやおばちゃんによくゲンコツで叩かれ、怒られたもんだ。また親も、「あんたが悪い」で終わった。むしろ、叩いた相手に礼すらのべたケースのほうが多かったような・・。今の時代ってのはどうなんだろう?他人の子に真剣に怒ってくれる人なんているのか?だから子供は大人をナメ腐って、良いも悪いも理解できなくなってきてるんじゃないかな。
親も自分の子供を叱れないんじゃ?なんか、こういう色んな最近のニュースを見てて、つくづく思うのはそういう連中はどんな親を持っているのかということだ。日本という国は、これから一体どうなっていくんだろう、と不安になってしまう・・・。

| | Comments (1) | TrackBack (2)

April 28, 2005

賃貸暮らし=貧乏?!

 今のマンションに住んで約6年。家賃は8万、駅まで5分くらいでなかなか便が良い。ペットもOK!でも所詮は賃貸暮らしさ、夢も希望もありはしない・・。最近、周りの友人知人がワラワラとマンションを購入しだしてる。
 中には独身だのシングルマザーもいるが、その中で投資の一環で購入し、一つは賃貸で人に貸してるという知人がいる。ずいぶんと大きなバクチにでたものだなーと思っていたが、はたして損はしないのだろうか?
「買うなら今だよ。今金利安いしさ。都内でも人気の場所ならさ、損はしないって」と言われてもな・・。欲しいけどさ、頭金すらなく、この年齢で貯金すらないわしがどーやってローンをくむんだい?まあ、身からでたサビですが。

でも「頭金0でもOK!」っていうマンションってどうなのかな~。支払いきつくなりそうな予感するし。
でもオール電化のモデル・ルーム見るとマジでほしくなるよ・・。(何日か前に見た)だって見に来るだけで良いってしつこいからさ~(>_<)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 27, 2005

ぽぽりの美容室☆

昨日はぽぽりの美容室デーだった。私は朝から体調が悪く、ぐったりしていた。
空気の入れ替えの為、窓を全開にしていたのも良くなかったのだろう、雨で気温も下がって寒かった。
ぽーちゃんは天気の良い間にカットできてよかったね~(^_^) 二ヶ月カットしていなかったから、相当ボサボサだったよ。出来上がったぽーちゃんは、甘いココナッツの香がしてる。(大体3~4日は良い匂い)

ここんとこ天気も良いから先日のドリアンがキツイ臭いを発酵させてる・・。冷蔵庫も、臭いじゃないか。
昨日は一日忙しくてバタバタし、寒くて疲れてしまった。
でも夕飯のおかずは何とか一品は作れた。大根と鶏肉のしょうが煮。初めて作ったが美味しかった。

うちは犬の美容室は大体四つ木の「リトルギャング」だが、金欠の時は「コジマ」だ。でもぽーちゃんは子供の時から通ってる「リトルギャング」が大好きなのだ。そこは、送り迎えもやってくれ、サークルの中で他の犬と遊ばせてくれるので犬の社交性も培われるし、狭いゲージに入れられるのがほとんどの中、逆に安心できると思う。
もちろん、ワンちゃん同士の相性も考慮してくれるであろう。ぽーちゃんは先生が迎えに来ると、もううれしくて自分から入れ物に入ってゆく。笑 またボサボサになったら行こうね・・・。

 
DSCF0004
昨日の帰宅直後のぽーちゃん。ちょっと不機嫌。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2005

JR福知山線の事故・・・。

 今日は大変な事故があった。兵庫県・尼崎市での電車激突事故だ・・・。
 夕方電車内で、珍しく多くの人が新聞を読んでいたのでチラッと見た。私は正直、これは日本で起きた事故だとは思わなかった。(見出しの写真を見て)大変驚いた・・・悲しい。自宅に帰ってきてTVをつけたらもちろんトップ・ニュースだ。ご家族の悲しみを思うと本当にやりきれないです。心からご冥福をお祈りします・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 24, 2005

ドリアンが!!柴又のセイフー

 今日は柴又に食材の買出しに行った。

入り口付近に、箱に山積みになった、「ドリアン」発見!!(^◇^)ワーイ!!ドリアン大好きなんだ。
最初は臭いが気になったけど、興味本位で買って(けっこう高いのだ)食べてみたらかなり美味しかった。
以来、ドリアンは一番好きなフルーツと化した。初めて買ったのは、アメ横の露天で。
 実一つ丸ごとだと、\3000もする。丸ごと買うには勇気がいる・・。大抵アメ横では、パッケージに入ってバラで売られている。オッサンの説明によると、ドリアンは冷やすと臭いがあまりしなくなるらしい。
 それに冷やしたほうが、美味い。濃厚ななんとも言えないバター?のような食感と、独特の甘さがクセになる。
ところで、ドリアンはお酒と一緒にとると、死んじゃうこともあるそうなので気をつけたい。
食べ合わせが良くないのか。

柴又の、小さなスーパーで高価なドリアンが¥580で売っていた。信じられない思いでカゴに入れた。
慌ててトゲで怪我をしちまったが、気にしない。レジのオバちゃんが「50年生きててドリアンを実際に見たのは今日が初めてだ」と言っていた。私が買うのを見て思わず聞いてみたかったのだろう。
 「これ・・・美味しいの?」 「はい。臭いが独特なんで、好き好きですが私は大好きですよ。普通はこんな値段じゃ手にはいらないですから迷わず買いました」「そう~、私もTVじゃ見たことあるけどね・・。」興味シンシンだ。

でも、あまり買っていく人はいないようで、個人的にちょっと悲しかった・・。下町のおじさん、おばさんにや、ドリアンの魅力がわかり難いであろう。一度でも食べたことがある人なら¥580だ、買うであろう・・。ここが上野のアメ横だったら¥580じゃ完売確定だと思う・・。もし、明日も売ってたらタクシーに乗ってでもあと二つは買いたいな・・。

DSCF0001

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 23, 2005

サクラ

 DSCF0184

うちの近所のサクラはまだ散っていない。綺麗でしょう?(さっき見たらちょっと淋しくなってた)

DSCF0189

ここは千葉の清水公園。これは先々週の画像です。もうすごい人でいっぱい!サクラって、寒い時期を経験しないと綺麗に咲かないんだってね。だからサクラは美しいのかな・・・?来年も綺麗な姿を見せてください!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 22, 2005

吉沢悠

images
 「エースをねらえ」あたりから急に気になって、今じゃかなり好きになってもうた。「じゃ、失敬!」のセリフがたまらない・・。上戸彩たんともここで共演している。あのドラマはマンガにわりと忠実に出来ていると思う。ハンサムで何より清潔感がある。ファンクラブにはいろうかな~と真剣に考えておるが、何か?

| | Comments (35) | TrackBack (1)

愛され犬ポポリ

DSCF0025

 うちの愛犬(メス・三歳半)ポポリ。ぽーちゃん先生とも呼ばれている。 まったく吠えないので番犬にはなれない。犬も人も大好きで甘ったれ。でもこの子は霊感が強いかもしれん。時々何にもないとこを見上げたり、地震の前後は異常な行動をしたりし、飼い主をビビらせる。新潟の地震の前後は本当に変だった。その後一週間くらいはよく夜中に前足でカリカリ起こされたよ。

| | Comments (31) | TrackBack (0)

April 21, 2005

金縛りって怖い(>_<)

 ギャ~!昨日の夜、爆睡していると思ってた旦那が突然「うわーーーーっ!!」と目をひん剥いて飛び起きた。ってか、こっちがもっとビビッったわい・・・。彼はゼイゼイ言って、「・・今のは久々にすごいのが来た・・・」と。

そうそう、彼が金縛りにあっていると思われる間中、部屋中から不気味なありえない音が聞こえていたのだ。
私もかなり霊感があるほうなのでちょっとは気付いてたわい。でも、金縛りた~不意打ちくらったな・・。

旦那はかなり日々の仕事で疲れがピークに達しているらしく、恐怖も冷めやらぬまま、すぐまた爆睡モード。
ちなみに、私自身は金縛りってのは全く経験がない。経験したくもない。
 最近、父の為にお経やお花をあげてないからかな?明日、命日なんだ。

 北海道に父のお墓があるんだけど、遠いし、納骨以来行ってない。行きたい気持ちはあるんだが・・色々親戚関係ドロドロしてて関わりたくなくて、つい、ね。そのかわり、自分で出来る供養は個人的にやってる。
なんか、細木数子先生に怒られそうだな、わし・・。笑
 明日は、父が好きだったお饅頭とか買ってきて、仏壇(しかも手作り)掃除して、お経ガンガンあげようっと。
・・・ごめんね。パパ。パパのことは忘れてなんかない。ただ、お経がちょっと面倒のなってしまっただけ。これからはちょくちょく供養するから怒んないでね・・・。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 20, 2005

癌について(タヒチアン・ノニ)

nonifruit2
 今日は三年前肝臓癌で亡くなった私の父について。。つぶやきたい。

三年経っても、未だ悲しい。彼を思うと涙腺がゆるくなる・・。53歳って、まだ若いよね。(>_<)
父と母は私が20代の前半、離婚した。原因は父のギャンブル、浮気、事業の失敗!と色々だ。
私は酒癖の悪い父が大嫌いだった。父からもあまり好かれてはいなかった。反発しあった仲だ。
それでも、良い暮らしを与えてくれたのは感謝し、父にも沢山良いところはあった。
 仕事がうまくいかなくなった頃から、彼は毎日、酒を浴びるように飲んだ。
あんなひどい飲み方をしていたら、誰だって肝硬変にもなる。彼は絶望したのだ。あれは、自殺かもしれない。

父の癌の知らせを聞き、正直、家族は大パニックになった。何年も父とは会っていなかったが、すぐ病院に行った。母と弟と会いに行った。父は予想もしていなかったのか、すごく戸惑い、まごついていたとうに思う。
 すごく太っていた人だったのに、すごく痩せていて、私はその姿に恐怖すら感じた・・。
体、顔が変に黄色くて・・・明らかな「死」の臭いがした。

医師は冷酷に「余命3ヶ月ですね」と父や家族にあっさりと言い放った。
・・もう少し、言い方があるだろう、と憤りをおぼえた。父は呆然としてこう言った。
 「・・・三ヶ月・・・?たった・・・三ヶ月ですか」「・・・そうですね。大体、そんなもんです。かなり進行してますんで。」命を扱う医者のような人にはこういうデリケートな部分をもうちょっと訓練なりして欲しいと切実に思う。
 はっきりいってムカついた!!人間としての深さ、そういうものが欠落していては駄目ではないか、いくら勉強ができても、人としての思いやりや、余命いくばくもない病人に対して少しでも丁寧に接して欲しかった。
 父は「パパ、癌だってさ。ガーン!」などとギャグを飛ばしていたが相当ショックだっただろうに・・。
それから私はありとあらゆる、癌に効くらしいという健康食品やら漢方薬やらを取り寄せ、本を読み漁った。
 奇跡でも起きてくれれば!という藁にもすがる思いだった。
サメの軟骨やら、カバノアナタケやら、サルのコシカケやら、フコダイン、スーパールテインやら・・それ以外も何だって取り寄せたな・・。
100万は使った。でもね、その頃には父は飲み込む力も無かったし、食事だって辛そうだった。そうして、医者の宣告通り、三ヶ月きっかりで亡くなりました。

それから三年たち、私は父の死からずっとうつ病、持病の腎臓、頭痛で悩む日々が続いた。
 そんなある日、旦那が「これは君に良いかもしれないから試してごらんよ」とノニ・ジュースを勧めてきた。
健康食品オタクな私はすぐさま飛びついた。頭痛など10年以上も悩んできて、鎮痛剤は毎日手放せなかった私だったから、それこそ、健康に良いだの言われるほとんどのものを試しては玉砕された。
しかしだ・・・恐るべし、タヒチアン・ノニ!!!
 長い間、鬱病になるほど苦しんだ体調の悪さから、飲み始めてわずか一週間で・・・解放されたのだ。
爽やかな目覚めなど20年くらい体験したことの無かった私だが!驚異的に感じた。やっほーい!!だ。
ビックリして、本やHPでノニを調べまくったよ、もちろん。ノニは古代ポリネシアで奇跡の実と言われていたらしい。
タヒチ産が一番成分が良く、飲みやすくする製法も難しいらしい。私はノニの中でも一番最初にその奇跡に着目し、研究開発をしたタヒチアン・ノニに運よく出会えたのだ。
 飲み始めて二ヶ月目、バリバリ元気になった私は「甲状腺」の病気の母にも飲ませた。結果は全快だ。今も調子がいい。そして一番ビックリする事件がおきるのはこの後だ。札幌の友人のお父さんが去年の11月頃、肺がんと宣告された。友人とその家族は、かつての私と同じように大パニックだ。
 私はノニが癌にも相当な効果があると本で知っていた。友人は私がバリバリ元気になった理由をノニだと知り、うちも欲しいと電話してきた。

 
  本当に医者もビックリな話なのだが、結論から言うと、友人のお父さんの癌が100%完治したのだ。
これはつい最近の話だ。もちろん、100%ノニの効果のせいではないと思う。病院の治療法も良かったのだろう。
でも・・・・・たった何ヶ月かで・・・癌ってそんな簡単に消え去るものなのか?不思議だ。
でも、私は心からその話を聞いて嬉しかった・・・。ノニを私の父にも・・飲ませてあげたかったよ・・。

 もちろんノニは薬じゃない。薬事法てのがあるからな・・・。でも太古の昔から万能薬として今に語りつがれている。試す価値は絶対にあると思う。


ちなみに、どっかのブログでノニの悪徳商法うんぬんというのがあったが、ノニの販売している所は星の数ほどある。ここ、「タヒチアン・ノニ」は最初にノニを売り出したとこだという。味も成分も他社とは大違いだ。(美味いと思うよ)他社の(沖縄産とか)は私はとても飲めませんでした。「ノニ」といっても、製法やこだわり、産地など色々あるという事を知ってくださいね!

それから、新宿にある「ノニ・カフェ」はノニをベースにしたフレーバーなジュースを色々と用意してくれてる。
お洒落で、とても居心地が良い。ここはオススメです。


| | Comments (6055) | TrackBack (1)

April 03, 2005

年をとってからの友情

最近思うのだけど、どうして、年をとってから新たな友人が出来にくいのだろう?

どっかの番組で見たことがある。

ある程度の人間関係を若いうちに築けた人はこれ以上新たな友人は必要ないのだと。そうなのか?

| | Comments (80) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »